【10秒ネタバレ】「デスフォレスト恐怖の森4」のネタバレとレビュー!【映画】

映画「デスフォレスト恐怖の森4」の10秒ネタバレとレビューをします。

サクッと映画を楽しみましょう!

前作からの続編となっています。
おさらいをしたい方は以下の記事からどうぞ!

>>【10秒ネタバレ】デスフォレスト 恐怖の森のネタバレとレビュー!【映画】

>>【10秒ネタバレ】デスフォレスト 恐怖の森2のネタバレとレビュー!【映画】

>>【10秒ネタバレ】「デスフォレスト 恐怖の森3」のネタバレとレビュー!【映画】

スポンサーリンク

10秒で「デスフォレスト恐怖の森4」をネタバレ

あるところに化け物の調査をしているフリーライターがいました。

行方不明になった上司が残した情報をもとに調査を始め、真相に近づくものの、なんやかんやあって化け物に逃げられたので次は退治しようと決意するのでした。

おしまい。

スポンサーリンク

もう少し詳しく「デスフォレスト恐怖の森4」をネタバレ

調査

あるところに化け物の調査をしているフリーライターがいました。

そのフリーライターは過去に化け物と3回も対峙していましたが、詳しいことは謎のままで退治することができていませんでした。

今までの調査で
・夜にしか出現しない
・光に弱い
・食べられると、血も残らず行方不明扱いになる
・不気味なおばあさんが関係している?

と判明しています。

さらに、化け物は生前に父親からDVを受けていた疑惑が浮上していました。

フリーライターの上司が残した情報をもとに父親のもとへ向かいます。

謎のメール

一方、フリーライターの上司には高校生?ほどの娘がいました。

彼女のスマホに父親からメールが届きました。

内容は

「私が残した封筒を絶対に開けるな」

とのこと。

彼女は不思議がります。

なぜなら、父親は数日前に行方不明になっていたからです。

親友の女友達とその彼氏にも相談しますが、気味悪がられてしまいました。



一方、そのころ化け物の生前にDVをしていた父親のもとを訪ねるフリーライター

彼はホスピス病棟で暮らしていました。

面会のアポを取り、詳しいことを教えてもらおうとした瞬間、父親の後ろから化け物が出現

父親を食べてしまいます。

「やられた!」

フリーライターは急いでその場を離れますが、脳裏には不気味なおばあさんの姿がよぎります。

前回も前々回も化け物が出現するたびに近くには不気味なおばあさんが立っていました。

今回も病院にいるのではないか?

そう考え周囲を警戒し、病院の外でそのおばあさんを発見します。

しかし、瞬きをした瞬間にそのおばあさんは消えていました。

メールの罠

なんやかんやあり、フリーライターの娘チームは「絶対に開けるなよ!」と言われていた封筒を開けることになりました。

中身は1枚の写真でした。

そこに写っていたのは、あの不気味なおばあさんと、横たわる白装束の男性でした。

しかもその写真は状態から見ても古いもので、日付を見ると数世代前の和暦でした。

あの不気味なおばあさんは数百年も同じ姿で生きていることになります。

写真を見た瞬間、娘の父親からメールが届きます。

メールには
「〇〇に写真を持って集まってほしい。」

との文面が書いてありました。

お父さんはきっと生きてる!

そう希望を抱き、待ち合わせ場所に向かう娘チーム

しかし待ち合わせ場所は、オカルト界隈では有名な心霊スポットでした。

フリーライターは電話越しに罠だからやめとけと忠告しますが、無視されてしまいます。

自分も急いで向かうことに。

フリーライターはホスピス病棟の看護師さん等から有力な情報を聞いていました。

それは化け物の父親は夜になると
「贄の取り立てはまだですか」

と尋ねること。そして娘のことで後悔していることがあるということ。

贄の取り立ては昔からあった地方に伝わる儀式で
「森に生贄を差し出すことによって平和を守る」

という意味がありました。

つまり化け物の父親は娘にDVはしておらず、
「贄の取り立てに娘を捧げてしまった」ことを後悔していたということでした。

そして自分も食われてしまうと考えていたようです。

贄の取り立て

待ち合わせ場所に娘チームが到着します。

そこはボロボロの廃工場のような場所で、人がいる気配は全くありません。

それでも父親が待っていると信じている一行は、どんどん中に進んでいきます。

しばらく奥に進むと、火の灯ったキャンドルが大量にある場所に辿り着きました。

そこには、あの写真で見た不気味なおばあさんが立っています。

するとおばあさんが何かの力を解放しました。

その力で吹き飛ばされる娘チーム

すぐに立ち上がりますが、そこには化け物たちが出現していました。

おばあさんが化け物たち、つまり「贄の取り立て」を召喚していたようです。

建物から脱出を試みる娘チーム

フリーライターが建物に到着し助太刀しますが、娘以外のメンバーが全員、化け物に食べられてしまいます。

フリーライターはおばあさんに
「もう詮索はしない。だから化け物も出さないでくれ!」

と懇願しますが、娘だけ食べられてしまいました。



場面は変わり、フリーライターは畑の近くで黄昏ています。

森からは化け物の声が聞こえるのでした。

【2019年モデル】 LEDランタン 電池式 最大1000ルーメン ランタン 連続点灯70時間 防災 LED ライトN-FORCE(エヌフォース)LS-10 防災グッズ 停電
created by Rinker

スポンサーリンク

「デスフォレスト恐怖の森4」のレビュー!

ミステリー映画としてみる分には面白かったです。ただ、ホラーではないです。

今作は前作からの化け物調査の続きとなっています。
化け物の正体と不気味なおばあさんの正体が明らかになり、段々と人を襲う理由などが分かってきました。

ただ、設定が雑になってきましたね。
「化け物は光に弱い」っていう設定はどこに行ったんでしょうか。

病院の父親を襲うシーンとか、明らかに昼間ですよ。昼間。
部屋が暗かったわけでもなく、明るかったのに化け物に食べられたんですよ。
ガバガバですね笑

まだ百歩譲って、場面が夜で街灯の下にいた看護師さんが食べられるとかは分かるんですよ。街灯の下だけど夜だから、まあ食べちゃいますよ的なのは。

でも父親食べたのは昼間。真昼間ですよ!
外はめっっっちゃ明るいんですよ。雲一つないような晴天
父親のいた部屋も白塗りの壁に太陽の光
どこに夜の要素があったんでしょうか。

その部分だけは謎でした。

あと今作でおばあさんが化け物を召喚していることが分かるんですけど、召喚の仕方がすごかったですよ。
なんか、ぶわああああって体から波紋的なエネルギーを放出して召喚したんですよ。
最近ので例えると、
仮面ライダージオウ最終話でオーマジオウに変身したときのような力の放出

それかフリーザ編でスーパーサイヤ人に悟空みたいな気の放出

にめっちゃ似てました笑
時間に余裕のあるかたは検索していただけると面白さがわかると思います笑


今作は前作と比べるとミステリー要素が強く、面白かったです。

ホラー映画というほど怖くはないですが、ここまで映画を鑑賞し続けてきた方なら納得する()仕上がりになっているのではないでしょうか。


時間に余裕のある方は映画を見てもいいかもしれませんね。


以上、映画「デスフォレスト 恐怖の森4」の10秒ネタバレとレビューでした!

前作までのおさらいをしたい方は以下の記事からどうぞ!

>>【10秒ネタバレ】デスフォレスト 恐怖の森のネタバレとレビュー!【映画】

>>【10秒ネタバレ】デスフォレスト 恐怖の森2のネタバレとレビュー!【映画】

>>【10秒ネタバレ】「デスフォレスト 恐怖の森3」のネタバレとレビュー!【映画】

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク