【10秒ネタバレ】「デスフォレスト恐怖の森2」のネタバレとレビュー!【映画】

映画「デスフォレスト恐怖の森2」の10秒でネタバレとレビューをします。

サクッと映画を楽しみましょう!

※前作の続編となっています。
前作をおさらいしたい方は以下の記事をどうぞ!

>>【10秒ネタバレ】デスフォレスト 恐怖の森のネタバレとレビュー!【映画】

スポンサーリンク

10秒で「デスフォレスト恐怖の森2」をネタバレ

あるところに演劇部の女子高生と先生がいました。

旧校舎で遅くまで部活動をしていたところ、謎の化け物に襲われ生き残ったのは2人だけでしたとさ。

おしまい。


スポンサーリンク

もう少し詳しく「デスフォレスト恐怖の森2」をネタバレ

演劇部

あるところに旧校舎で演劇の部活動をしている女子高生と先生がいました。

旧校舎はほとんど生徒がおらず、さらに裏は森になっているので大きな音を出しても全然問題なし。

最高の練習環境でした。

不良

彼女たちが部活動に励んでいると先生から1人の生徒の面倒を見てほしいと頼まれます。

その子はガッツリ不良

流血沙汰の事件を起こしたせいで、この高校に転校していた子でした。

彼女たちは仕方なく不良の子と一緒に部活動をすることに。



だいぶ日も沈み辺りは暗くなってきました。

教室の電気を点けようとするものの謎の停電により一向に点きません。

先生に相談しに行こうとした瞬間、

謎の化け物に遭遇

襲い掛かってきました!

謎の化け物

次々と襲われる女子高生

小さな懐中電灯で逃げ回ります。

どうやら謎の化け物たちは光が嫌いなようです。

懐中電灯などの光を上手く使い外に脱出しようと試みます。

しかし鍵がかかっており外に出られない!

脱出

鍵は既に化け物に食べられた先生が持っていました。

死体のポケットから鍵をゲットし外へ!

しかし、外に出てもまだ化け物は追いかけてきます。

頭だけの化け物はゆっくりと後ろから追いかけてきています。

もうダメだ…

諦めて立ち止まった瞬間

1台の車が!

前作の生き残りのフリーライター登場!

明かりで化け物を追い払います。

どうやら前回逃げたときに撮った写真を手掛かりに助けに来てくれたようです。



次の日、化け物にやられた女子高生たちを探しに行くと、そこには何もありませんでした。

血の一滴すら。


フリーライターは写真を眺めています。


写真には撮ったはずの化け物の姿はありません。


ただの夜の森が広がっています。


ふと気づくと写真が1枚増えています。


それは白黒の少女の顔写真でした。


その顔は、顔の大きい化け物にそっくりで…

スポンサーリンク

「デスフォレスト恐怖の森2」のレビュー

はい、前作よりも酷いB級作品でした。最高ですね

前作では特定の森にしか出現しなかったんですけど、今回は学校が舞台です。
訳が分かりませんね。

映画を見る限りだと、前作の古びた飲食店のおばあさんが関係してるっぽいです。
恐らく、化け物が娘でおばあさんがその母親って感じですね。
でもどうやって化け物を森から学校に移動できたのかが謎すぎました。
おばあさんが旧校舎の前に来るシーンはあるんですよ。
でも特に何か儀式をしているわけでもなく、ただ旧校舎を見ているだけ。
ホントに訳が分かりませんでしたね笑

他のツッコミどころとしてはフリーライターが助けに行けた理由ですね。
前作で逃げるときに撮った写真に何も写っていなかったんですけど、急に化け物の顔が浮かびだしたんですよね。
んで、なぜか旧校舎の写真もフリーライターが持っていて、その写真にも化け物が浮かびだしたから、この場所に化け物が来る!ってなってました。

いや、旧校舎の写真をなんで持ってるの!笑
経緯がかなり気になりましたね笑

他にも鍵がかかって旧校舎から外に出られない問題がありました。
ガラス製の扉なら壊せるんじゃない?笑 って思いながら見てました。
あと別に1階の教室の窓からでも逃げれそうですよね笑
高校の窓の鍵って大体は手でクルっと回すタイプですよね
この作品の窓の鍵は全部オートロックなんでしょうか。ハイテクですね。

それと不良役はグラビアアイドルの「倉持由香」さんが演じています。
ファンの方は倉持さんの演技に注目して観るのもいいかもしれませんね!


映画の時間は70分と短いので魔が差したとき観るくらいでちょうどいいと思います。


B級映画としては最高のB級っぷりなのでオススメです!


ぜひご覧ください!


以上、映画「デスフォレスト 恐怖の森2」のネタバレとレビューでした!


前作のおさらいをしたい方は以下の記事からどうぞ!

>>【10秒ネタバレ】デスフォレスト 恐怖の森のネタバレとレビュー!【映画】

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク