【10秒ネタバレ】「GANTZ」のネタバレとレビュー!【映画】

10秒で映画「GANTZ」のネタバレとレビューをします。

サクッと映画を楽しみましょう!

GANTZは全編3DCGの劇場版もあります。
気になる方は以下の記事をご覧ください!

>>【10秒ネタバレ】GANTZ:Oのネタバレとレビュー!【映画】

スポンサーリンク

10秒で「GANTZ」をネタバレ

あるところに電車に轢かれた親友2人組がいました。

死んだと思っていたら謎の部屋に飛ばされてサバイバルゲームをすることになります。

最初はビビりまくっていましたが、親友の死をきっかけにめちゃくちゃ強くなるのでした。

おしまい。


スポンサーリンク

もう少し詳しく「GANTZ」をネタバレ

地下鉄のホーム

あるところに就活中の主人公がいました。

地下鉄で電車を待っていると酔っ払いが線路に落下

それを助けようと1人の男性が線路に降ります。

主人公は彼が、小学校の親友と気づきますが、見て見ぬふりをしていました。

酔っ払いは無事に救出

しかし電車がすぐそこまで迫っています。

やっと主人公が親友を助けようと手を引っ張りますが、逆に引っ張られてしまい2人とも電車に轢かれてしまいました。

謎の部屋

気づくと2人はアパートの一室にいました。

部屋には何人かの人と黒い球体

どうやら一度死んだ人が集められているようです。

しばらくすると黒い球体から音楽が流れ画面には文字が浮かび上がってきました。

文字から察するにこれからサバイバルゲームが始まるようです。

すると黒い球体がガシャっと勢いよく開きました。

中には呼吸器をしている体育座りで眠っている男と武器とスーツが入っていました。

そして転送が始まりました。

サバイバルゲーム

サバイバルゲームは非常に過酷なものでした。

主人公たちは運よく生き残ることができました。

その中で、1人だけサバイバルゲームのルールを知っている思春期真っ盛りな中学生が。

彼によると
・地球を侵略する星人との戦いを夜な夜な繰り返してきた
・星人を倒すごとに倒した人に得点が入る
・黒い球体の名前は「GANTZ」
・100点を取ると死んだ人を生き返らせるか、このサバイバルゲームから解放されるか選択できる

とのこと

主人公たちはそれからも100点をとるまでサバイバルゲームに参加するのでした。

そして、次のミッションでは寺院で仏像と戦いました。

善戦するものの、親友が重傷

主人公は決死の思いで星人とぶつかります。

誓い

見事、大仏を撃破

転送が始まりました。

主人公は自分が転送されるまで瀕死の親友に声をかけ続けます。

部屋に転送される主人公

無情にも採点のベルが鳴り響きます。

親友は帰ってくることができませんでした。

悲しみに暮れる主人公

100点を取り親友を生き返らせることを誓うのでした。

スポンサーリンク

「GANTZ」のレビュー

スーツと武器がめちゃくちゃ凝っていてすごかったです。
特にスーツは原作そのまま出てきたんじゃないかと思うほどでした。
Xガンも発射音とかXに拡がるところとかも再現できてました!

内容的にはGANTZで行われるサバイバルゲームの悲惨さと人間関係がメインでした。アクションはありますが、原作を見ている人からしたら物足りないかもしれませんね。
GANTZとは何かをとりあえず知るにはいい映画ではないでしょうか?

主役と親友役は「二宮和也」と「松山ケンイチ」のお二方が演じています。
岸本役は「夏菜」、中学生の西君役は「本郷奏多」が演じています。

西君が原作以上にカッコよくなってました!
本郷奏多さんは西君のハマリ役だと思います!めちゃくちゃ良いです!
西君目当てにこの映画を借りても良さそうです。


この作品はGANTZとは何ぞや、とりあえずどんな話か知りたい方にオススメです。

また、原作を知っている方でもスーツや武器の再現度に驚くこと間違いなしです!


私的にはオススメの映画です!

ぜひご覧ください!


以上、映画「GANTZ」のネタバレとレビューでした!


ちなみにGANTZは全編3DCGで大阪編を舞台に映画化しています!
原作の大阪編を少しリメイクしていますが、アクションシーンがめちゃくちゃカッコいいのでオススメです!
興味のある方はこちらの記事から詳細をどうぞ!

>>【10秒ネタバレ】GANTZ:Oのネタバレとレビュー!【映画】

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク