【THE THOR】Advanced Adsを使って目次の下にアドセンス広告を設置する方法

私はTHE THORのテーマを使っているのですが、目次の下にアドセンス広告を設置できずに悩んでいました。

今回は「Advanced Ads」を使い、THE THORのテーマ内の目次の下にアドセンス広告を設置する方法を紹介します。

function.phpにベタ打ちなどしなくても簡単に設置できますよ!

「Advanced Ads」って何?という方はこちらの記事を参考にしていただけると嬉しいです。
【Advanced Ads】インストールから広告の設置まで使い方を解説【THE THOR】

スポンサーリンク

アドセンス広告を目次の下に設置する方法


①はじめに「Advanced Ads」の「設置」から「配置の新規作成」をクリックします。


②すると自動で画面が下にスライドし、以下のような画面が表示されます。

記事の種類は「コンテンツ」を選択しましょう。

そのほかはテキトーに設定し、「新しい配置を保存」をクリックします。


③配置を「前」「1」「見出し2(<h2>)」に設定し、「配置を保存」をクリックします。
※これは「1つ目」の「見出し」の「前」にアドセンス広告を設置するという意味です。


④さて確認してみましょう。

以下のように目次の下にアドセンス広告が表示されていればOKです。



スポンサーリンク

アドセンス広告のコードの種類で位置がズレる


これは「Advanced Ads」へ広告を追加する際の注意点になります。

広告を追加する際は「Google Adsenseにログイン」又は「Google Adsenseコード」から連携します。

一応、こちらの記事にも詳細を書いています。
【Advanced Ads】インストールから広告の設置まで使い方を解説【THE THOR】

その際に、「Google Adsenseにログイン」してから広告を設置した場合だとサイトの横幅に合わせてちょうどいい大きさになってくれます。

しかし、「Google Adsenseコード」から連携し、Googleが提供している修正コードをベタ打ちしてやる方法だと横幅が少しだけズレてしまいます。

※スマホで見た場合、前者は横幅いっぱいに広がり、後者はやっぱり少しずれます。

ほんの少しの差ですが、やっぱり見ためは良くしたいですよね。

なので「アドセンス広告の横幅をはみ出さないようにしたい!」という方は「Google Adsenseにログイン」して連携したものを広告として追加しましょう。

スポンサーリンク

まとめ


  • 目次の下にアドセンス広告を設置する際は「Advanced Ads」が便利
  • 「1つ目」の「h2」の「前」に広告を設置する
  • 「Google Adsense」の広告の連携の仕方で横幅に違いが出る



 最後まで読んでいただきありがとうございます。


 お疲れさまでした。


スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク