【Advanced Ads】インストールから広告の設置まで使い方を解説【THE THOR】

  • 2019年7月7日
  • 2019年7月8日
  • THE THOR

Advanced Adsのインストール方法から広告の設置までの使い方を画像付きで分かりやすく紹介します。

ちなみに私が使っているテーマの「THE THOR」でも問題なく使うことができています。

広告が簡単に設置できるのですっごく便利ですよ

スポンサーリンク

Advanced Adsの使い方を解説


プラグインのインストール方法


①まず「プラグイン」の「新規追加」から「Advanced Ads」と検索します。
一番上に出てくるので「今すぐインストール」をクリックします。


②その後、プラグインの「有効化」をクリックします。


以上でインストールは終了です。


まずはGoogle Adsenseと連携


まず初めにAdsense広告を貼るために「Google Adsense」と連携しましょう。

やり方は「Google AdsenseのID」から認証する方法と「Google Adsenseにログイン」して認証する方法です。


・ 「Google AdsenseのID」から認証する方法

①「設定」から「Adsense」のタブをクリックし、「Configure …」をクリックします。



②一番上に「Google AdsenseのID」を入力し、「Connect …」をクリックします。

これが1つめのやり方「Google AdsenseのID」を使った認証方法です。



・ 「Google Adsenseにログイン」して認証する方法

① 「設定」から「Adsense」のタブをクリックし、「Connect …」をクリックします。


②Google Adsenseを登録しているGmailアドレスを選択します。

③「許可」をクリックします。


④するとコードが表示されます。このコードを登録することで「Google Adsense」と「Advanced Ads」を連携することができます。

このコードをコピーしておきます。


⑤先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

その後「Submit code」をクリックすればOKです。

以上で「Google Adsense」との連携は終了です。

次のステップに進みましょう。

スポンサーリンク

Google Adsenseのコードから広告を設置する方法


まずは広告を新規で追加しましょう。

①設置する広告の名前を決め、「プレーンテキストとコード」をクリックします。

※最初に「プレーンテキストとコード」をクリックしてしまうと広告の名前の有無に関わらず、次の画面に遷移してしまいます。注意しましょう。


②「Google Adsense」の広告コードを貼り、「次へ」をクリックします。


※このコードは「Google Adsense」が公式で発表しているコードです。画面のサイズに応じて自動的に広告の大きさを決めてくれます。

画面の幅ごとに正確な広告ユニットサイズを指定する場合の例

この例ではレスポンシブ広告コードを修正し、広告ユニットサイズをモバイル、タブレット、パソコンの 3 種類の画面の幅に合わせるように設定します。CSS メディアクエリを使用したことや、AdSense 広告コードを修正したことがなくても、この例を使って修正することができます。


Adsenseヘルプ 
https://support.google.com/adsense/answer/9183363?hl=ja&visit_id=636981841400831579-2853518373&rd=1


③次に「表示条件」と「訪問者条件」を設定し「次へ」をクリックします。


④今回は赤枠で囲まれた「コンテンツ」をクリックしましょう。


⑤以下のようなポップアップが表示されるので内容を変更せずに「OK」をクリックします。


⑥以下のように表示されれば広告の作成は完了です。お疲れ様でした。


⑦あとは先ほど作成した広告を選択し、広告の位置を決めましょう。

その後「配置を保存」をクリックすれば自分のサイトに広告が表示されます。



Google Adsenseにログインして広告を設置する方法


①最初に「アドセンス広告」をクリックします。


②次に「Google Adsense」で作成した広告が一覧で表示されます。

設置したい広告を選択し、「次へ」をクリックします。


後の作業は先ほど紹介した【Google Adsenseのコードから広告を設置する方法】と同様に設定すればOKです。

コードを貼り付けるよりも連携させたほうが簡単に設置することができます。

ただ修正したコードを使うことはできないので注意しましょう。

スポンサーリンク

Google Adsenseと連携する際の注意点


「ads.txt」を作成していない場合は以下のような警告が表示されます。

これは「あなたは本当にGoogle AdsenseのIDを持ったユーザーですか?持ってるなら証明してくれると嬉しいな」という意味です。


広告の表示には問題ありませんが、悪意を持ったユーザーがあなたのブログに偽の広告を設置し、収益を奪う可能性もあります。

そのため早めに「ads.txt」を作成しましょう。

「ads.txt」を作成する方法はこちらの記事を参考にしてください。(作成中)

スポンサーリンク

まとめ


  • Advanced Adsを使うと簡単に広告を設置できる
  • 私が使っているTHE THORでも無事に使えた
  • Google Adsenseと連携する際は「ID入力」又は「ログイン」する
  • ads.txtは早めに設定する



 最後まで読んでいただきありがとうございます。


 お疲れさまでした。


スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク